TABETAI菜の       ファームへようこそ♪     藤野の畑の様子を中心に   お伝えします…

by 畑部長

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

☆畑部☆

2011年の畑部活動は
ひとまずお休みになります。

ご参加いただいた皆さん
ありがとうございました!

最新の記事

『12.22 旧暦霜月廿八夜..
at 2011-12-22 00:00
12月21日(水曜)のファーム
at 2011-12-21 00:00
12月14日(水曜)のファーム
at 2011-12-14 00:00
『12.10 旧暦霜月十六夜..
at 2011-12-10 23:36
『12.7 旧暦霜月十三夜 ..
at 2011-12-07 00:00

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

カテゴリ

全体
畑部@ファーム
畑部@ガーデン
TABETAI菜より
畑部長より

ブログパーツ

Powered By イーココロ!

検索

ライフログ

自然農の野菜づくり

自然農・栽培の手引き

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2011年 07月 13日 ( 1 )

【期日迫る!7/15迄】モンサントの遺伝子組換えトウモロコシと大豆の承認へ農水省が意見募集中!

知人のブログから転載させてもらいました!
私たちも津久井在来大豆という日本在来種の大豆を栽培します。
飼料用であっても遺伝子組換え作物が許可されたら何が起こるかわかりません。
簡単でもいいから「NO」のメッセージを送りましょう!
==========================

先月の、菜種、トウモロコシ、綿(ワタ)に続き
またしても農水省がパブリックコメントを求めています。

【モンサントの遺伝子組み換えトウモロコシと大豆承認へ農水省が意見を募集中】
ネット署名ページへの直リンクはこちら→
組換えDNA技術応用飼料の確認申請案件についての意見・情報の募集
期日は7/15まで!!

現在中国でも遺伝子組み換え作物の侵入は進み
国民や農家側と国の間で大きな問題になりつつあります。

中国政府は、向こう五年以内に中国国民の食する稲は
GMO稲、いわば遺伝子組み換え稲になるだろうと公表しています。

仮にそれが実現し
しかも日本でTPP参入が進み関税が撤廃されると
かつての国内林業のように
国内の農業は崩壊の一途を辿りかねません。
その結果
そうした中国のGMO稲などがどんどん入ってくる呼び水になります。

【TPPは復興の足かせにしかならない】反対署名1120万超!
署名開始から約5カ月間で目標の1000万人超え。
TPPから地域社会・経済を守ろう!
署名へのご協力をお願いします。→ JA全中署名募集中

ちなみに
まず真っ先に国を挙げてGMO作物を取入れた一部の南米諸国では
その後、国民の間で
三世代に渡る生育以上や不妊などの生殖以上や催奇性の問題が際立ってきました。

※ その症状は
ベトナム戦争で大量に使用された
同じくMONSANTO社の枯葉剤の後遺症にあまりにも似通っています。

それには
MONSANTO社のGMO作物とセット販売されている
自社のGMO作物にのみ耐性を持つように設計された
ラウンドアップという強力な除草剤の影響大であろうという調査結果も
世界各国の良心的な研究者たちの間で公表されつつあります。

このラウンドアップは
自社作物以外の全て枯らし、そこに住む生物達を一掃てしまいます。
ちなみになんと今
ラウンドアップは日産化学に販売権を譲渡済みです。

MONSATO社のHPをご覧ください→ 日本モンサント
一見クリーンなイメージですね。

モンサントの作物を承認するということは
同時に
国民の健康と生態系に打撃を与えかねない
強力な除草剤をも承認してしまうということを意味します。

また
モンサントは
遺伝子組替作物とセットの除草剤ラウンドアップを
「ラウンドアップは飲んでも大丈夫」と銘打ってきました。
それってどこかで聞いたセリフですよね。
「プルトニウムは飲んでも大丈夫」by プルトくん。

同根なわけです。
原発も遺伝子組替もアメリカ政府と一心同体
いわば国策で進められてきたのです。


==========================

さらに詳しい内容はEarthanksさんのブログで!
[PR]
by akenao | 2011-07-13 00:00 | 畑部長より