TABETAI菜の       ファームへようこそ♪     藤野の畑の様子を中心に   お伝えします…

by 畑部長

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

☆畑部☆

2011年の畑部活動は
ひとまずお休みになります。

ご参加いただいた皆さん
ありがとうございました!

最新の記事

『12.22 旧暦霜月廿八夜..
at 2011-12-22 00:00
12月21日(水曜)のファーム
at 2011-12-21 00:00
12月14日(水曜)のファーム
at 2011-12-14 00:00
『12.10 旧暦霜月十六夜..
at 2011-12-10 23:36
『12.7 旧暦霜月十三夜 ..
at 2011-12-07 00:00

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

カテゴリ

全体
畑部@ファーム
畑部@ガーデン
TABETAI菜より
畑部長より

ブログパーツ

Powered By イーココロ!

検索

ライフログ

自然農の野菜づくり

自然農・栽培の手引き

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『10.27 旧暦神無月朔日 【 新月 】』

出雲では『神在月』ですね。出雲大社に全国の神様が集まって会議中…

(地球暦より転載☆)

地球暦が朔弦望の一つ、“神無月の朔(さく)”をお知らせします。

今日の朔の日を朔日(ついたち)として、旧暦の十番目の月、神無月が
はじまります。
今月は二十九日間(廿九日)で、次の朔となる新月は11月25日です。

新月の日は、太陽と月が同時にのぼる日で、一ヵ月という“新しい月”が
はじまる時。
新月は、あらためて決意や宣言などすることによって、満月に向かって
現実化していく働きがあります(新月=インプット、満月=アウトプット)。

新月は太陽-月-地球が直線的に並び、最も潮汐力が強く、朝と夕方に潮が
満ちて、昼と深夜に引いています。波の起伏が激しい新月の時は物事の
リセットや浄化に最適な時です。

毎月“月が立つ”日となる新月の朔日(ついたち)は、月並み(月次・月例)
の行事を身近に作るとよいでしょう。

冬のはじまり、初冬のこの一ヵ月はどんな印象になるでしょうか。

───────────────────────────────────
十番目の月、神無月(かんなづき)の和風月名
───────────────────────────────────

吉月(きつげつ)・良月(りょうげつ)・正陰月(せいいんづき)・上冬(じ
ょうとう)・小春(こはる)・時雨月(しぐれづき)・初霜月(はつしもづき)

【ここがポイント】

☆月との距離は、この新月が最も地球に近くなっています。

☆月が近くなることで、見た目に大きさが1割ほど変化します(新月で見えま
 せんが)。潮汐力も干満の差が激しく、今月は変化の大きな新月です。

[PR]
by akenao | 2011-10-27 00:00 | 畑部長より

『10.24 旧暦長月廿八夜 【 霜降 】』

霜降[そうこう]と読むのですね。

(地球暦より転載☆)

地球暦が二十四節気の一つ「霜降」をお知らせします。

「霜降」は、春分から210度経過した晩秋の半ばの地点です。
霜が降ると書く「霜降」は、言葉の響き通り冬が近づいている合図です。

稲刈りも終わり、秋野菜の植え付けも一段落し、実りの収穫を祝う
祭りの時。人の交流も夏とは違い、心の交流が盛んになってきます。

地球号は土用という変化の風の中を通過しています。
移り変わる地球の気持ちと上手に付き合いながら、今は11月7日立冬に
向かって錨を下ろし、舵取りしていきましょう。

「霜降」は一年を一日にたとえたときの、夜8時くらいにあたり、
家族団らんで食卓を囲み、一日の出来事を回想しているような時。

今年の収穫を感謝し、来たる冬を迎えるための心づもりをする頃です。

……………………………………………………………………………………………
[土御門歳時記より]

旧九月(きゅうくがつ)の中気(ちゅうき)
始(はじ)めて霜(しも)降(ふ)る

……………………………………………………………………………………………
[七十二侯]

■ 霜が降り始める
■ 小雨がしとしと降る
■ もみじや蔦が黄葉する

[PR]
by akenao | 2011-10-24 00:00 | 畑部長より

10月20日(水曜)のファーム

今日は朝から雨模様の藤野。
畑部員さんが参加の予定だったけど畑部活動は残念ながら中止にしました。

畑部長とちあきちゃんと部族のSちゃんの3人で、藤野の達人のお宅を訪問した後(詳しくはちあきブログで)
午後になって雨が上がってから、しばらくぶりのファームへ。
ここ数日でぐっと冷え込んだという藤野。すでに晩秋を迎えたかのよう。
a0211271_22322658.jpg

葉物野菜は食べ頃。大根はまだまだ。
大豆は…すこしふくらんだのかな。来月には無事収穫できるでしょうか!?
a0211271_22351983.jpga0211271_22354284.jpg

今日は時間もなく夏草の片付けを少々やるのみ…
まだまだ畑の手入れも残ってるので、もうひと頑張りしたいところです。

来月の大豆収穫の際にはお手伝い歓迎!

まだ日程は決めてませんが皆さんが来やすい週末でやりたいと思ってますので参加してくださいね~♪
[PR]
by akenao | 2011-10-20 00:00 | 畑部@ファーム

今年の稲刈り終了!

今年のお米づくりが無事収穫を迎えました。
a0211271_21502592.jpg

来年1年分、自分達で育てたお米を食べることができそうです♪
a0211271_21512998.jpga0211271_21545188.jpg

これから3週間ほどじっくり天日干ししてから脱穀し、さらにまた十分に乾燥させてから籾摺りをして、
やっと玄米の姿になります。新米をいただけるのは早くて11月下旬かな。

今年を振り返ると、冬の間に田んぼの畔直しを始めて、春には苗床づくり、種籾まき、田植え前の草刈、田植え、真夏の草取り、畔の草刈、スズメ除けネット張り、そして稲刈り。天候不順だったり、台風にあっても無事お米は実ってくれました。

相模原の国道から程近い場所なのに、ひっそりと残された昔なつかしい風景に心癒されます。

今年は原発災害の放射能汚染がどれだけ影響を与えてるのがわからないなか、乳酸菌やEM菌を撒いてみたりと試行錯誤でした。お米が手元に来たら、放射線量測定機械のある自然食品屋さんに頼んで測ってもらおうかとも思います。

本当のところ自分自身は地元産の食べものの放射線量はあまり気にしてはいないのだけど、
これからも長い付き合いになる放射能を知っておくために、測定器を購入検討中。

最近話題のエステーから発売された簡易型ガイガーカウンター。
エステーエアカウンター

でもこちらのメイドイン福島のガイガーカウンターを買って福島の企業を応援したい。
ガイガーFUKUSHIMA

購入したらまたご報告しますね~
[PR]
by akenao | 2011-10-16 00:00 | 畑部長より

『10.12 旧暦長月十六夜 【 長月の満月 】』

ここのところファームネタが無いけど…藤野の山の上の畑では、ちゃんとお野菜がすくすく育ってる模様!
満月のエネルギー浴びて、放射能に負けない、生命力あふれる野菜になるでしょう!!
わたしたち人間もエネルギーいただいて、「満月」のチューニングいたしましょう♪

a0211271_22501373.jpg
☆地球暦から転載☆

───────────────────────────────────
【旧九月 / 晩秋】9th Full Moon / Flourishing Autumn
今日は、長月(ながつき)の「満月」です。本日の11時06分です。
月との距離 : 40万6355km(平均38万4400km)
───────────────────────────────────



地球暦が朔弦望の一つ、“長月の望”をお知らせします。

今日は新月から十六日目、月が満ち、今年で九番目の満月を迎えました。

満月の時は、西の空に太陽が沈むと、東から月が昇るという関係になって
います。太陽と月の関係が、地球を中心にシーソーのように180度に開き、
互いの関係が最も強調された時です。

地球にとって、昼の方向の太陽と夜の方向の月が一線に重なる状態は、
潮の満ち引きをはじめ、心の変化や体の代謝も活発になり、一ヶ月の中で
最もエネルギッシュな時です。

秋の終わり、晩秋の満月をどんな思いで見上げますか。

───────────────────────────────────
九番目の月、長月(ながつき)の和風月名
───────────────────────────────────
季白(きはく)・霜月(そうげつ)暮秋(ぼしゅう)・菊月(きくづき)
紅葉月(もみじつき)・玄月(げんげつ)・残秋(ざんしゅう)


【ここがポイント】

☆月との距離は、今月、満月が最も遠ざかり、新月が最も近づくという楕円
 軌道を描いています。今年3月(旧暦二月)の月の楕円と対称的です。

☆遠ざかった満月は、普段よりも小さく見えるはず。
 今夜の月は、夜の方向にめいいっぱいアンテナを向けているようです。

☆新月や満月に、遠近の波が重なる時は、振れ幅の大きい一ヶ月となります。

[PR]
by akenao | 2011-10-12 00:00 | 畑部長より

稲刈り一回目終了!

6月の田植えから早4ヶ月…
9月末の台風15号の影響で稲が倒れたりすずめ除けネットが破れたりしましたが、
お米は無事実っています。ちょっと成長具合はのんびりかな。
a0211271_11313187.jpg
a0211271_11311112.jpg

近隣のお米農家さんはとっくに稲刈り終えて天日干ししているなか、ようやく今年初めての稲刈り。
まずは仲間との共有田で育ったもち米を刈り取り、束ねて、はざがけして、またすずめ除けネットして…
これから天日干しすること2週間ほど。新米をいただくまではしばしのガマンです。
a0211271_22352239.jpg


来週はいよいよ自分たちの田んぼの稲刈りをします!
もしお手伝いしてもいいよ~というかたはメールくださいね♪
(メール:mie701903あっとまーくgmail.com

☆10月15日(土曜)10時~17時のあいだで好きなだけ
場所は相模原市内(JR相模線番田駅近く)
雨天の場合は中止

[PR]
by akenao | 2011-10-10 00:00 | 畑部長より

『10.9 旧暦長月十三夜 【 寒露 】』

9日明け方はりゅう座流星群(ジャコビニ流星群)。夜には十三夜のお月様。
のんびり夜空を見上げてみよう…

☆地球暦より転載☆

───────────────────────────────────
寒露[かんろ]Cold Dews
地心黄経195度 (日心黄経15度) 本日の0時19分です。
───────────────────────────────────

地球暦が二十四節気の一つ「寒露」をお知らせします。

寒い露と書く「寒露」は、春分から195度経過した晩秋のはじまりです。
秋分から15度進んで、下半期が一歩踏み出した地点です。

一年を一日にたとえたときの午後7時くらいで、
日が沈んだ夕闇時に当たります。

一日の仕事を終えて家路を辿るように、気持ちも外から内へ気が移っていきます。

気温も肌寒さを感じる日が多くなりました。

徐々に北半球では温度が下がり、夏に旺盛だった植物は実を成熟させ、
落葉樹も休眠期に向かい、 葉を紅葉させていきます。

深まりゆく晩秋のはじまりの今は、農事や作事の転換の時、
経済も冬の山に向かって動き出す時です。

今日は取り組んでいる物事を見直して、再確認することで
立ち位置がはっきりしてきます。再宣言、再決意する好機です。

……………………………………………………………………………………………
[土御門歳時記より]

陰気(いんき)日に増長(ぞうちょう)し寒露(かんろ)降(ふ)る

……………………………………………………………………………………………
[七十二侯]

  雁が飛来し始める
  菊の花が咲く
  コオロギが戸の辺りで鳴く

※七十二候は土地ごとに本来作られるものですので慣例を参考にして、身近な
季節の変化を、自分の環境に合わせて、季語で自由に表現してみましょう。

───────────────────────────────────
今日は十三夜「栗名月」です
───────────────────────────────────
お月見というと、中秋の名月(葉月十五夜)が一般的ですが、日本には古来より
もうひとつ「長月十三夜」の月も美しいとされ、お月見をする風習がありました。

十五夜は里芋をお供えするので「芋名月」と呼ばれるのに対し、十三夜の頃は
ちょうど大豆や栗の収穫時期で「栗名月」または「豆名月」と言われています。

関東では、十五夜だけお祝いして十三夜に月見をしないのは、「片月見」と
言われ、縁起がよくないこととされました。

十五夜の頃は空がまだすっきりせず、月が見えないことも多いですが、
「十三夜に曇りなし」という言葉もあり、今日は晴れる確率も高いそう。

晴れていたらぜひ夜空を見上げ、もう少しで満ちてまんまるになる十三夜
の月の美しさを感じてみましょう。

[PR]
by akenao | 2011-10-09 00:00 | 畑部長より

田中優さんの講演会@相模原 10/9&10/10

この週末、全国各地の講演会で大忙しの田中優さんが相模原にやって来ますよ!
わたしも数年前、環境問題の解決策や脱原発のお話を聞きましたが、わかりやすくて勉強になります。
ぜひこの機会に。あいにくわたしは田んぼ稲刈りのため、行けなさそうですが…

========================================

テレビでは、「原発を止めたら電気が足りなくなる」とか、「日本経済は崩壊する」
とか言う人がたくさんいますが、それ、本当でしょうか?

「原発なんてなくたって、だいじょうぶ!」そう言い切っているのが田中優さんです。

えっ!そうだったの?あ、そうか! と、目からうろこ、間違いなしの講演会です。

☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆

「原発のない社会をつくるために。いのちを大切にするエネルギーの話」

日 程:10月9日(日) 午前10時~11時半
場 所:おださがプラザ      
      小田急小田原線「小田急相模原駅」下車、北口出て左側「ラクアル・オダサガ」4階
      駐車場/市営小田急相模原駅自動車駐車場 料金:30分 150円
      所在地/〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台3-20-1ラクアル・オダサガ4F 
      電 話/042-741-7497  FAX/042-741-7498
参加費:おとな1,500円/中・高校生1,000/小学生以下 無料
定員:120名(要予約)
託 児:あり (要予約 定員20名 お子さん1人 900円)
お申し込み・連絡先
  ①お名前 
  ②お電話番号
  ③子連れの有無
  ④託児の有無
  ⑤託児有りの場合、お子さんのお名前と年齢(○歳○ヶ月)を明記の上、
  hanaryo.hashi@docomo.ne.jp または、080-1093-9068までご連絡ください。

主催:こどもまもりたい 
担当:はしもと りょうこ

=========================================

さがみはら市民おひさま発電所フォーラム 田中優さん講演会
「原発に頼らない社会へ ~ こうすれば電力問題も温暖化も解決できる ~」

日 時 10月10日(月・祝) 午後1:30~4:00
場 所 相模原市立環境情報センター 学習室
定 員 85名
参加費 無料
内 容
 「環境、経済、平和」活動を幅広く展開されている田中優さんによる講演や参加者とのディスカッションにより、3.11以降のエネルギー問題や、太陽光をはじめとする自然エネルギーに期待される役割について考えます。このフォーラムは、相模原市協働事業提案制度事業により太陽光発電所ネットワークPVさがみはらと相模原市が協働で実施します。

<申込み・問合わせ> 
太陽光発電所ネットワークPVさがみはら(さがみはら市民おひさま発電所事務局)
電話・ファックス 042-745-8958
Eメール pvsagamihara@yahoo.co.jp
[PR]
by akenao | 2011-10-07 00:00 | 畑部長より